サイトナカ

心理学と旅

10年でなくなる仕事『10年後の仕事図鑑(堀江隆文×落合陽一)書評』

プロフィール 編集 削除

こんにちは、冨田です!

 

10年後の仕事図鑑(堀江隆文×落合陽一)

発行:SBクリエイティブ株式会社

を読んで、内容と感想を書きます。

 

要約

AIによる技術革新により、現在の仕事の体系が変わりつつある。

 

1つの会社で終身雇用されるなどといった今までの働き方は通用せず、事務や管理をはじめとした多くの仕事をロボットが担う未来が予測される。

 

これからは人間にしかできないスキルを身に付けロボとを使いこなすような働き方が最適解となる。

 

自分自身で思考し他にはないような活動を情熱を持って取り組むことで信用を得ることがお金よりも重要な価値となり、それは激動の未来を生き抜く力となる。

 

なくなる仕事・変わる仕事

管理職

管理するだけの人はAIに代替される

 

秘書

コミュニケーションを除くとスケジューリングや資料整理などはオフィスソフトで足りる

 

営業職

機会は嘘をつかず信頼されるのでフォロワーのいる営業職だけが生き残る

 

現場監督

作業員は残るが、効率的な労働プランを作るのは人よりAIの方が得意

 

エンジニア

プログラミングは安価で簡単になる

 

弁護士

過去データに基づいた判断はAIの正答率8割にまでなっている

 

会計士・税理士・社労士

法律ベースの判断はAIの得意分野

 

スポーツの監督

AIは性格で効率的な判断ができる。コミュニケーションやモチベーション喚起は別。

 

介護職

現在多くを占めている安全管理の業務を電動車椅子で行えるようになり、人がやるべき仕事だけになる。

 

警備員

ドローンを用いるなどして機会がアラートした時だけ、その人を捕まえに行く。

 

教員

AIによる生徒の個別の教育設計ができるようになる。

 

研究者

AIが人間の代わりに研究チームのマネジメントをする可能性がある。

 

テレビ

オールドメディア化する前にAIを用いるなどの工夫によりインターネットやスマートフォンより楽しいコンテンツを作ることが必要不可欠

 

事務職

事務職が存在する理由は、人間のほうが低コストなだけ

 

倉庫業務

現状は機会がやることは難しいが、開発が進めば代替される可能性が高い

 

公務員・窓口業務

何でもスマートフォンで申請できるようになってきている

 

医師

診断基準を学ばせればAIが診断を下せるので、医師は治療、手術に専念できる。

 

クリエイター

ビッグデータを分析し、ウケる広告コピーなどを作ることができる。また映画のシナリオも絶対にヒットする法則のテンプレートを使う。

 

アート

鑑賞よりも体験価値を提供するための運営が必要になる

 

銀行員

手数料が安い仮想通貨の利用者が増え、銀行を使う人が減る可能性がある。

 

運送業

宅配はドローンが代替する

 

翻訳

翻訳アプリの技術の精度が上がるのは時間の問題

 

ドライバー

自動運転やカーシェアリングのシステムが代替する

 

農業

loTによって自動化される

 

顧客対応

必要な情報はロボットが提供できる

 

コンビニのレジ打ち

店内に実装されている無数のカメラ・マイクから得た情報から購入した商品がスマートフォンのアプリから請求される「アマゾンGO」など

 

書店

中小規模の本屋はどんどんなくなっており、人と人が出会う「リアルな場」としての機能が求められる。

 

飲食

安価な大衆向けの飲食店はロボットが仕事を代替するが、スナックなどの人目当ての店は生き残る

 

物流

単純な動作は機械にとって代わられるので、機械が真似できない専門的な作業をこなせるかどうかで寿命が決まる

 

編集・校正

AIはオリジナルな想像物を作るのは得意ではないが、音声認識による文字起こしや表現の変更が可能

  

以上です。

 

ただし堀江さんは、将来なくなる仕事リストは精度が低いと述べています。

技術発展により未来のことなど誰にもわからないからです。

 

なくなる仕事・変わる仕事を見て不安になるよりも、自分の職でどのように適応できるか、どんな仕事を作り出すかを考えた方がよさそうです。

 

感想

 知識としては、よくあるビジネス書に載っているような内容だったと思います。

 

時々専門用語が出てきましたが、注釈があったため理解しやすかったです。

 

技術発展やキャリア形成の本を読み、未来について考えるのは楽しいです。

 

しかし想像を膨らませるだけでは激動の時代に付いていけないと思います。

 

自分の人生を主体的に作っていくために、まずは今夢中になれることに全力で取り組むことが大切だと学びました。

 

 

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑