サイトナカ

心理学と旅

〖 #ブラジル #リオデジャネイロ〗さえない僕の世界一周36日目

プロフィール 編集 削除

おはようございます!

心理学部生の冨田です。

 

今日は雨でテンション低め。

 

宿のオーナーがファべーラ(貧民街)のツアーをしてくれるそうなので参加することにしました。

 

ビーチの近くから歩いてファべーラへ。

 

犯罪の温床と呼ばれていて、ギャングと警察の銃撃戦が起こるそうです。こわ。

 

オーナー「ここが入り口だよ」
f:id:psytonaka:20180311232757j:image

 

え....!?

 

真ん中の道です。

1人がギリ入る細さ。

 

逃げる敵を撃ち殺せるように道が細いそうです。

こわすぎ。

 


f:id:psytonaka:20180311233059j:image

安いレンガの家が立ち並びます。

 

この近くにギャングの見張りがいるそうです。


f:id:psytonaka:20180311233205j:image

 

↓バスで野菜を売っていました。珍しい。
f:id:psytonaka:20180311233358j:image

 

↓みずいろ水色と白のは派出所。
f:id:psytonaka:20180311233538j:image

オリンピックのときにイメージ良くしようとしたらしいです。

 

街に絵を描いたりなどの取り組みも見られました。


f:id:psytonaka:20180311233734j:image

 

この展望台でマシンガンを持ったギャング4人と挨拶しました。

↓(ギャングだと思わなかった..)
f:id:psytonaka:20180311233813j:image

 

世界には危ない環境で過ごしている人がいることを肌で感じました。

 

街の風景は都市の裏路地とかより ずいぶん綺麗だと思いました。

 

帰り道サトウキビジュースを飲みました。

 

はじめ砂糖水かと思いましたが、おいしいっちゃおいしい。


f:id:psytonaka:20180311234943j:image

 

↓アサイーのシャーベットのパフェ
f:id:psytonaka:20180311235116j:image

 

ポリフェノールたっぷりで安く、女子に人気らしい。

 

味も美味しい😋

 

お昼は宿のアパートに住んでいる元気なおばさんが作ってくれるご飯を購入。

(オーナーは ばばあ飯と呼んでました笑)


f:id:psytonaka:20180311235527j:image

 

安くてうまい!!

 

あとボリュームありすぎて夕ご飯要りませんでした笑

 

そのあと昼寝しました。

 

アクティビティが続きかなり疲れていました。

 

 

夜にはペルーへ行くので最後にリオのセラロンの階段に行きました。

 

帰り道、雨がひどくなり、町には下水が溢れていました。

ひどい臭い。

 

フライトは深夜だったのでタクシーではなく電車とバスで移動。

 

時間も充分あるしと思いました。

 

ところが上手く乗りこなせず空港まで1時間歩くことに💧

 

バリバリの車道をビショビショになって歩きます。

 

最初はバックパッカーぽいかな🙃

と思いましたが、シンプルに辛かったです。

 

f:id:psytonaka:20180312000259j:image

徒歩でも大空港行けることがわかりました。

(もう一生やらんけど。)

 

ついに空港に到着。

フライトを確認..

 

あれフライトがない..

 

予約表を確認。

 

 

 

 

頭が真っ白になりました。

 

 

出発時間間違えてた。

 

 

 

呆然と立ちつくしたあと絶望8割 罪悪感2割。

 

やってはいけない失敗のひとつだったのに。

 

今日はペルーのリマ行きの便なし。

予約していたリマ→クスコの飛行機もパー。

 

世界一周航空券のルート変更の手続きにも費用がかかる。

そして新たなリマ行き早朝の便を予約。

 

少しの不注意でこんなに精神的、金銭的にダメージを負うなんて。

 

でも進むしかない。

同じ不注意でも事故と違って体は無事だから大丈夫。

 

これからは精神的に余裕をもち、もっと注意することに気をつけて進みます。

 

↓ここで寝ました。寒かった。
f:id:psytonaka:20180312002115j:image

 

 明日こそペルーのリマへ。

そしてマチュピチュへ。

つづく。