サイトナカ

心理学と旅

さえない僕の世界一周〖11日目@トルコ/イスタンブール〗

プロフィール 編集 削除

おはようございます!

心理学部生の冨田@psytonakaです!

 

今日はあいにくの雨。

明日からのプランを立てることにしました。

 

カッパドキアとパムッカレのツアーを申し込みたかったのです。

 

ゲストハウスで申し込むと割高なようだったので近くの旅行代理店へ行きました。

 

すると、自分の希望を通したプランを提供してくれました。

ぼったくりを心配していましたが、値段もそんなには高くないはず。

 

対応も丁寧だったため、そのまま申し込みました。

 

何を信じたらわかりませんが、今は自分の感覚を信じるしかないと思いました。

 

ただ、イスタンブールでは黄熱病の予防接種(なんと無料)をするつもりでしたが、間に合わなそうなのが残念でした。 

 

後にボリビアに行くためにはイエローカードと呼ばれる予防接種の証明書が必要なのです。

 

旅行代理店のあと、ゲストハウスで知り合った同い年の日本人と食事をしました。


f:id:psytonaka:20180212130908j:image

トルコのパン世界一おいしいとも言われています。

 

サクもっちりなパンのサンドイッチは絶品です。

 

そのあとトルコの地酒を飲もうという話になりました。

 

雨だったので屋内でゆっくりした時間を楽しみました。

こういう時間も大切にしたいです。

 

 

夜行バスに乗るため、ゲストハウスを去る時間になりました。

 

ふいに孤独感というか不安というか、海の真ん中で1人取り残されたみたいな気持ちになりました。

 

雨は気分を重くします。

また、イスタンブールで予防接種を受けるという最低限の計画が崩れたこと、安心できるゲストハウスを離れることが重なっていました。

 

迎えのバスを待ちながら、自分の中に泣きそうな自分が居るな〜と気付きました。

 

そして不安や寂しさも含めて乗り越えての世界一周なんだと思いました。

 

雨の中、得体のしれないツアーのバスを待ちながら冷えかけた焼き栗を食べました。

 

20分ほど遅れてバスというか乗用車がきました。

私の他に中国人の家族が4人乗っていました。

 

運転が荒すぎる。

段差では15cmくらい飛びました。

 

すぐに車酔いしてきたため、酔い止めを飲みました。

 

これが12時間..

と思ったら別の大きなバスに乗り換えました。

 

トルコの大型バスは豪華なことで有名です。

よかった~😌

 

あと、バスターミナルで泣いていた赤ちゃんに紙風船をあげたら泣き止んでくれました。


f:id:psytonaka:20180212140201j:image

 

癒されてバスに乗り込みました。

 

明日は世界遺産カッパドキア!

つづく