サイトナカ

心理学と旅

【ラオス観光】ルアンパバーンで象使いの免許を取得!

プロフィール 編集 削除

こんにちは!心理学部生の冨田@psytonakaです!

 

今日は待ちに待った象使いのライセンス(国家資格)取得ツアー!

前日に世界新聞さんの記事を見て、manifa travelというお店で予約したら1日ツアーが35$(約4000円)でした。

国家資格とれるにしては安っっっ!

 

と思いましたが、ラオスには国家資格などないそうです。

でも話のネタになること間違いなし!

面接などもつかみバッチリ!

 

ツアーは朝8:10-8:25にお迎えに来てくれるそうなので、待っていましたが来ません。

1時間遅れで来てくれました。

適当すぎる..!笑 

 

象の訓練所へ行くまでに、ウィスキー村に立ち寄りました。

綺麗な染物が並んでおり、色んなお酒の試飲もさせてもらえました。

f:id:psytonaka:20180206073552j:plain

f:id:psytonaka:20180206073626j:plain

f:id:psytonaka:20180206073658j:plain

 

 

そしていよいよ象の訓練所へ。

f:id:psytonaka:20180206073941j:plain

 

まずは象に慣れるため、背中にくくりつけた椅子に座り移動します。

これは古代から受け継がれている方法だそうです。

 

 

けっこう不安定な乗り心地

f:id:psytonaka:20180206075158j:plain

そのあとメコン川で象の体を木のたわしで洗いました。

訓練所の周りを1週したあと象の言葉を勉強しました。
f:id:psytonaka:20180206130845j:plain

そして椅子を外してもらい直接象の背中へ。
所々生えている毛がチクチクしてあったかい背中でした。

象と人間の関係の大切さを学びました。
f:id:psytonaka:20180206131448j:plain

象使いライセンスの立派な証明書も貰えて大満足です。

帰りはメコン川をボートで異動しました。
f:id:psytonaka:20180206131814j:plain

その夜ルアンパバーンに戻りサウナに行きました。
ゲイの人が毎日来ていて2人きりになると体を触ってくると聞いていて怖かったです。

しかし、男性用サウナは1.5畳くらいの部屋に7人くらいが入っていてギュウギュウでした。

真っ暗闇で湯気だけが見えていました。
竹の多い森林のような香りがして、暑かったですが長時間いられるような気持ちよさでした。

ゲストハウスへの帰り道、

言葉も通じず、見知らぬ私を快く受け入れてくれました。
このあと(多分)日本語で歌って!と言われたので音楽に合わせ
「ラオスは〜素敵な~町〜🎵」
と音楽に合わせ歌いました笑

ビールを6杯くれたので、酔っ払って気持ちよく寝ました。
コップンカ!(ありがとう)

続く!