サイトナカ

心理学と旅

心理学的な目標の立て方

プロフィール 編集 削除

 

2018年あけましておめでとうございます!!冨田です。

 

今回はメンタリストDaiGoさんのニコニコ動画から、心理学的な目標の立て方について書きます。

いつも目標を立てるけど、途中で挫折してしまうというあなた。

 

「自分はなんてダメなんだ」と思ってしまっていませんか?

目標を挫折してしまうのは、あなたがダメなわけではなく、目標の立て方が悪いだけかもしれません。

 

そこで、新年から目標を立てて達成するためのコツをご紹介します。

 

 目標を2倍達成できるwoop法

woop法を使えば、「本を5冊読む」という目標が「10冊読めるようになった!」というふうに、目標を2倍達成できるらしいです。

すごいですよね。

woopとは次の頭文字をとっています。

 

w…wish 願望

o…outcome 結果

o…obstacle 障害

p…plan 計画

 

まず「願望」でどういうふうにしたいかを考える。

そして「結果」で何が手に入るのかを考える。多くのひとはここで終わりがちですが、これだけではあまり意味がないそうです。

 

「障害」で目標の妨げになるものは何かを考え、「計画」でそれに対策をたてる

ここまですると、目標を2倍達成しやすくなるそうです。

 

例えば私は朝、運動する習慣を身に付けたいと思っています。

「でも朝テンションが上がらないだろうな」、と考えたので

「お気に入りの音楽を聴いてテンションを上げてみよう」とか

「一緒にチャレンジする人を誘ってみよう」とか考えてみました。

 

woop法でサクッと目標を達成しちゃいましょう!

 

モチベーションの保ち方

目標をたてて最初はやるけど、途中でやる気がなくなってしまって諦めてしまうことありますよね。

どうやったらモチベが保てるのでしょうか。

 

そのためには目標達成度に応じて2種類のモチベーションを使い分けることがポイントだそうです。

 

~すると目標に近づく!というポジティブモチベーション

~しないと大変だ!というネガティブモチベーションです。

 

ポジティブモチベーションは前半、スタートダッシュに向いていますが、ネガティブモチベーションは後半、ゴールに近づいてきたときに向いています。

 

モチベーションはポジティブ→ネガティブに切り替えないといけないのです。

 

例えば「週3回は運動する」という目標から「最低週2回は運動しないといけない」という目標に変える感じです。

 

私はまず「1月中は2日に1回ブログを更新する」という目標をたてました。

1月の前半は、この目標の達成を目指します。

 

くじける前にモチベーションを変えましょう。

 

 

いかがだったでしょうか。2018年、目標を達成して理想の自分に近づきたいですね。

 

 

 

 

P.S.目標は短い期間から始めてみると続きやすいそうです。

まずは1月、何かに挑戦してみませんか?