サイトナカ

心理学と旅

プロ無職の発信力と価値 #るってぃ講演会

プロフィール 編集 削除

こんにちは!冨田です。 

今回、発信力を武器に活動されている

プロ無職、るってぃさん

の講演会に参加してきました。

 

企業に就職してお金を稼ぐことにとらわれない生き方は私が目指す1つです。

今回はその講演会の内容をピックアップしてお伝えします。

 

発信力の武器

るってぃさんはTwitter、ブログ、Facebookなど一人で

15の媒体で発信を行っています。

自分の体験をどのように、どの媒体に乗せて発信するか。

それを考え実践するのがるってぃさんの活動です。

 

それだけで稼げるの?

と私も思いました。実は今の世の中はそのようになっています。

 

例えば音楽業界で一番稼いでいるのはDJ。

曲を作っているアーティストが儲かるのではなく、

音楽をまとめイベントで流す仕事。

 

料理業界で一番稼いでいるのはシェフではなく、

食べ歩きをしてレビューなどを行っている芸能人。

 

このように自分で何かを0から作り出すのではなく、

キュレーション(既存の情報収集しまとめる)

して発信を行う人が儲かるようになっているそうです。

 

るってぃさんは特別なスキルがあるわけではなく、30点くらいの情報収集能力と

30点くらいのアウトプット能力などを組み合わせているだけだと言っていました。

 

自分のスキルをいくつか組み合わせて発信する。

影響力が大きくなると信用に繋がり、スポンサーや広告などでお金が入る。

 

発信力は大きな強みになるのです。

 

価値ある情報

では何を発信したらよいか。るってぃさんが教えてくれました。

それは価値がある情報です。るってぃさんにとって価値とは

①他人にとって役に立つこと。

②感情を動かすこと、揺さぶること。

この二つだそうです。

 

①について「ラーメンを食べた!」という発信は他人にとって関心がない。

でも、「大阪駅付近のラーメン、14時ごろに行ったら並ばなくでも食べれる!豚骨ラーメン好きにはおすすめ!」

といった発信は大阪駅でラーメン屋を探している人にとって役に立ちます。

 

自分の体験や知識がどうしたら人の為になるかを考えることを学びました。

 

②について、私たちは感情が動くことに価値を感じます。

お笑い芸人の方たちは人々に笑いを提供してお金をもらっていますし、

悲しい映画とかも大きく感情が揺さぶられると世に広まりますよね。

 

このように人の感情が動くようなストーリーを作ることが大切だそうです。

 私が尊敬するメンタリストDaiGoさんも人間は感情の生き物だと言っており、著書「人を操る禁断の文章術」でも感情を動かす大切さについて

書いてあります。

 

発信するときには①②を意識し、人々が注目しやすいようなテーマを

挙げて、コンテンツに引き込むことが大切だと学びました。

 

ググる力(検索力)の重要性

るってぃさんは起業戦略の話の際、世の中の「なぜ?」を追求し、調べることが

大切だと強く言っていました。調べるためには今の時代、Google

 

調べたら、どんなことでも出てきます。

例えば自分のスキルを高めるために師匠などがいなくでも

ネット上を情報を集めればその分野の上達の「型」を知ることができる。

 

ただし、インターネット上の情報は正しいものばかりではありません。

情報が正しいかどうかを調べるメディアリテラシーを身に付けることが必要です。

 

そのためには情報の受け手ではなく発信側に回るのがよいそうです。

すると情報に根拠があるのかどうかがわかってくると言っていました。

 

 

いかがだったでしょうか。私は

発信力を身に付けることで、より柔軟な生き方を探れる

と考えました。皆さんもSNSや周りの方などに発信を始めてみませんか。

 

↓るってぃさんのブログのひとつ

rutty07.com

 

 P.S.

るってぃさんが学生に言いたいことは、

教授とか施設とかの環境を活用したほうがいい、

自分のスキルを身に付けておいた方がいい、

だそうです!