サイトナカ

心理学と旅

これから心理学を勉強しようと思っているあなたへ

プロフィール 編集 削除

こんにちは、冨田です。

私は大学で4年間心理学を専攻し、大学院でも臨床心理学を学んでいます。

また、心理学検定特1級も取得しています。

 

今回は大学で心理学を勉強したいと思っている方や、

独学で心理学を勉強してみたいと思っている方に向けて、

私が心理学を学んでよかったと思うことについて書きます。

 

心理学を勉強したいと思っているあなたは

●人の心を読みたい

●自分を変えたい

●カウンセリングに興味がある

といっことを思っているのではないでしょうか。

 

 

まず、人の心を読みたいと思っているあなたへ

残念ですが、心理学を勉強しても人の心は読めません。

 

しかし、しぐさや表情で人の心を読みたい、という人は

「リーディング」という領域を勉強してみると

おもしろいと思います。

 

FBIの行動分析やメンタリストDaiGoさんのパフォーマンスを

イメージして大丈夫だと思います。

 

人の心を完璧に読むのは不可能ですが、

「あの人は話し相手から体の向きを反らせて

腕を組んでいるから本当は帰りたいのでは」

と考察してみるのもおもしろいと思います。

以下は私のおすすめの本です。

 

   

 

次に自分を変えたいと思っているあなたへ

心理学を学ぶことで自分を変える方向性やヒントが見つかると思います。

 

人見知りな私は、大学生活で

初対面の人と打ち解けられるようになりたいと

思っていました。

 

そんなとき心理学を学び

「失敗談などを話すと親しみを感じられやすくなる」

といったことを知り、試してみると

面白いくらい上手くいくではありませんか…!

 

こんな風に日常に活かせる部分があると思います。

 

また、自分を変えるためには現状の自分に気付くことが必要だと思います。

心理学部では様々な心理検査を使って自分について知る機会があります。

自分についてよく知ることができるのも心理学を学ぶメリットだと思います。

 

 

次に、カウンセリングに興味があるあなたへ

カウンセリングについて学ぶのは臨床心理学という分野です。

 

臨床心理学は人の気持ちに寄り添い、援助をする学問です。

大学でカウンセリングの練習をすることは少ないかもしれませんが、

その基礎を学ぶことはできると思います。

 

今まで臨床心理学を学んできて良かったことは、

人間関係の根本的な態度について知ることができたこと、

自分の心の豊かさに気付けたことです。

 

自分や人の気持ちと向き合い、精神性を高めていくことは

私の人生でとても大切なことだと思っています。

 

最後に、私にとって心理学とは「より良く生きるための学問」です。

科学的な視点から心を研究する心理学は

宗教とはまた違った、生きる指針になると思っています。

 

このブログを読んで心理学を勉強しようと思った方がいれば嬉しいです。